準備を整えてから転職しよう

>

転職用の履歴書を書こう

自分ができることを書こう

何ができるのか、それを具体的に伝えることを意識してください。
就職活動をしていた頃は、自分がこれから会社に勤めて、何を頑張りたいかをメインに履歴書に書いていたと思います。
ですが転職する時は、そのような目標でなく具体的にできることを書かなければいけません。
目標だけ書いても、実力を持っているのか分からない人は不採用になります。

自分ができることを書くことで、会社側を安心させることができます。
これまでの会社で、どのような仕事を任されていたのかも書いてください。
すると、自分がどのような才能を持っているアピールできます。
目標を持つことは悪いことではありませんが、きちんと自分の持っている実力を伝えてください。

写真を撮る際の注意点を知る

履歴書には、自分の顔写真を必ず貼ります。
剥がれないように、両面テープなどで貼り付けると安心ですね。
また適当な恰好で写真を撮らないでください。
身だしなみを整えて、真面目だというアピールをしてください。
服装や髪形が乱れていると、不真面目という印象を与えます。
そんな人を採用しても、仕事をしてくれないので会社にとってデメリットが大きくなります。

転職を成功させるためには、履歴書の写真にも注意しなければいけません。
撮影する前に、身だしなみが整っているかチェックしましょう。
女性は、メイクにも注意してください。
全くメイクをしない状態はおすすめできませんが、派手なメイクはふさわしくありません。
仕事用のメイクにしましょう。


TOPへ戻る